広報紙の作り方講座

PTA新聞、會報、機関紙の編集、広報紙コンクール入賞はフジイ企畫

?■広報誌作り方講座 INDEX

広報紙?作り方のコツ その1:「広報紙づくり」と「仲間づくり」の考え方

広報紙?作り方のコツ その2:「原稿」づくりのポイント

広報紙?作り方のコツ その3:「寫真」や「イラスト」の使い方

広報紙?作り方のコツ その4:「レイアウト」のポイント

広報紙?作り方のコツ その5:「見出し」の考え方

<<なんでもMAILへ

?■「広報紙づくり」と「仲間づくり」の考え方

PTA新聞、會報、機関紙の編集?印刷、広報紙コンクールはフジイ企畫

kouhou_01|PTA新聞、會報、機関紙の編集、広報紙コンクール入賞はフジイ企畫

広報紙づくり=仲間の「輪」づくり
広報紙は仲間の活動の記録。
紙面をつくる仲間の「輪:コミュニケーション」づくりが肝心です。

それにはまず、どんな物事を伝えたいのかみんなで決めることからスタート。

それぞれの人が、個別のイメージを持っていると思います。それを出し合うのが「編集部」だと思って下さい。
どうレイアウトするのか、紙面の形など技術面は後回しで大丈夫。

「こんな感じのもの」「これを伝えたい」という意志をどんどん出してみて下さい。
これができれば、あとは続きます!
<<このページの先頭へ戻る

■「原稿」づくりのポイント

広報紙作り方講座-小見出し02|PTA新聞、會報、機関紙の編集?印刷、広報紙コンクールはフジイ企畫

kouhou_02|PTA新聞、會報、機関紙の編集、広報紙コンクール入賞はフジイ企畫

広報紙の原稿づくりは、5W1Hが基本
記事作りは、本當の意味で皆様の仕事です。
でも最初からうまく書けるとは限りません。
記事をつくるという作業は、「自分の伝えたいことをどう伝えるか」ということですから、まずは何でも、文字に、寫真に、絵に表してみてください。

文字の場合は、5W1H(いつ、誰が、どこで、何を、どのようにしたか)だけは抜けないよう注意してください。
これさえあれば、內容は伝わります。
あとは、自由に思ったこと、感じたことを書くだけです。
<<このページの先頭へ戻る

■「寫真」や「イラスト」の使い方

広報紙作り方講座-小見出し03|PTA新聞、會報、機関紙の編集、広報紙コンクール入賞はフジイ企畫

03寫真やイラストの使い方|PTA新聞、會報、機関紙の編集、広報紙コンクール入賞はフジイ企畫

寫真やイラストで、臨場感とインパクトを演出

全體の雰囲気や熱気を伝えるのが寫真や絵です。
また文字に書きにくいことは寫真で表現します。

その方が臨場感があって楽しい紙面になります。
寫真が全くない新聞は読むのがしんどいでしょう。
寫真は出來るだけ多く撮って、選べるようにしましょう。また、全員の集合寫真も必要ですが、撮られる人が意識しないスナップ寫真のほうが、情感をよく伝えます。
<<このページの先頭へ戻る

■「レイアウト」のポイント

広報紙作り方講座-小見出し04|PTA新聞、會報、機関紙の編集、広報紙コンクール入賞はフジイ企畫

04レイアウトのポイント|PTA新聞、會報、機関紙の編集、広報紙コンクール入賞はフジイ企畫

レイアウト=順番づくり

紙面づくりの実務作業です。
基本は、何を一番読んでもらいたいかの順番づくりです。

ポイントになるイベントがあれば、それを最初に載せたいですね。
記事の価値判斷と飾り付けをします。
<<このページの先頭へ戻る

■「見出し」の考え方

広報紙作り方講座-小見出し05|PTA新聞、會報、機関紙の編集、広報紙コンクール入賞はフジイ企畫

05見出しの考え方|PTA新聞、會報、機関紙の編集、広報紙コンクール入賞はフジイ企畫

見出し=タイトルではありません!

新聞には必ず見出しがついています。
よく勘違いされるのですが、見出しはタイトルではありません。

紙面への読者の引き込みと、紙面全體の要約を擔っています。

一目見ただけで、「読まずともどんな記事か分かる」というような見出しを目指しましょう。 「読めばわかる」というのではなく『読みたくなる』紙面がいいですね!
 <<このページの先頭へ戻る