會社新聞発行の體験談を語った第8回紙ブログ新聞セミナー

『ケアマスター通信』で雙方向コミュニケーション

第8回セミナーの上田氏 ブログニュースではお久しぶりです。隨分過ごしやすい季節になり、もうすっかり秋ですね。さて、少し遅くなってしまいましたが近況をご報告。(な)

セミナーで學んだ『単なる宣伝ツールではない「企業新聞」の威力』を発刊
 ご報告が遅くなりましたが、9月25日(金)に、第8回〝紙ブログ?新聞セミナーを開催いたしました。當社では、本年夏ごろから計畫していた、會社経営に威力を発揮する新聞づくりを解説した『単なる宣伝ツールではない「企業新聞」の威力』という冊子を発刊。 
 今回は、この冊子(テキスト)の発刊記念ということもあって、大阪府中小企業家同友會の地區會と共催のセミナーを開催。當社のお客様でもある株式會社ケアマスターの上田稔社長を講師としてお招きし、お話しを伺いました。

會社経営と會社新聞との位置づけを體現
 株式會社ケアマスターさんはハウスクリーニングや建築美裝全般を扱っている會社です。社長の上田稔さんはお客様ゼロ件からスタートして創業11年目の若手社長です。2009年11月から顧客向けに會社報「ケアマスター通信」を創刊。今も継続して発行しておられます。主目的は何と言っても會社経営と會社新聞との位置づけと効果。新聞を出すことに宣伝以上の効果を最も體現されておられます。

経営理念、指針づくりに力を入れた結果
 上田社長は以前から経営理念、経営指針づくりに力を入れられていて、この『ケアマスター通信』もその流れから導き出された柱の一つ。これを発行したことによる様々なエピソードを上田社長にお話しいただきました。その一端をご紹介。

會社の〝全體?をお客様に感じてほしい
 例えば「宣伝チラシとケアマスター通信を一緒にお客様に渡した時、ほとんどの人が新聞の方を見られていますね」。例えば『ケアマスター通信』第10號4面目の、「フレッシュ5名入社 ー新社員からのごあいさつー」という記事。新しい仲間が増えた、という報告だけにとどまらず、「うちの會社は(5名も入れるほどに)元気にやってるよ!」ということを感じてもらえるし、加えて會社の魅力も伝わる相乗効果が大きい。また、『ケアマスター通信』を読んだお客様から「あの寫真の人だね!」とお客様と社員とのコミュニケーションが密になったりもする。上田社長は、「一方的に情報を渡してはいるように見えるけど、ある意味でこれは雙方向のコミュニケーション」だとおっしゃってました。

社員を巻き込んで「企業文化」づくりを
 今後については、「今は少人數で新聞を作っているので、これからはコラム擔當を決めて、社員を巻き込んで作っていきたい」とのこと。「企業文化づくり」に著々と邁進されています。社內でパターンができればよりラクに発行できそうです。今後の紙面が楽しみですね。
『ケアマスター通信』創刊號當時の記事



コメントを殘す

CAPTCHA